合コンわらしべ長者 ~30歳からのオトナ合コン~

どこにでもいる普通の男が、合コン1000回で得たものとは?

ありきたりで、さりげない、その「質問」が、あなただけの「武器」になるとき

こんな経験ありませんか?

合コンが終わり、女性たちとの連絡先交換もうまくいったので、気になる女性にLINEやメールを送った。

しかし、既読スルーか未読スルーで、いっこうに反応がない。

 

この時、自分の送ったLINEやメールが、疑問&質問系じゃなかったから、返信に困ってるのかな?と思って、再度LINEやメールを送る人もいるでしょう。

 その後もやはり返信はない・・・となれば、ここで「終了」です。

 それでも諦めきれず、送り続ける人がいるかもしれませんが、すぐにやめましょう。ストーカー扱いされ、取り返しのつかない、大ゴトになる前に。

 

合コンがそれなりに盛り上がり、女性たちと連絡先を交換したからといって、必ずしも次に繋がるわけではないのが合コンのコワいところ。

 いくら、女性たちがニコニコしていても、それは場の雰囲気を壊さず、その場をやり過ごそうとしていたから、かもしれないのです。

 あるいは、合コン自体は楽しかったけど、気になる男性はいなかったから、その後、特定の男性と連絡を取るつもりはない、という場合も。

 

既筆記事『合コンでは「モテる努力」以上に必要な「努力」があるんです』では「引き分け」ることで「延長戦」という、次のステージに繋げることを提案しましたが、引き分けたからといって、必ずしも女性全員が「延長戦」に応じてくれるわけではないのです。

 結局のところ、相手に何の印象も残せていなかったとしたら、後日あなたが連絡しても、応じてくれる可能性は低いでしょう。

 

しかし、諦めるのはまだ早い!

そんな相手から、「返信をゲットする可能性を高める」方法があるんです。

 

やるべきことは、合コン中の「種まき、水やり、そして収穫」です。

 

まずは、「種まき」。

合コンでいろんな話をしているとき、女性陣全員に好きな本や好きな映画、あるいは好きな音楽を訊いてください。

 優先順位は

1「本」

2「映画」

3「音楽」です。

 そして、その回答を記憶してください。

特に、気になる相手の情報は絶対に、です。

 

ちなみに、合コンが終わってから「好きな本や映画教えて」と訊いてもダメです。合コンが終わった時点で、あなたと積極的に連絡を取ろうと思っていなければ、こうした質問自体、スルーされてしまいますからね。

 

次が「水やり」です。

合コン中に訊いた、気になる女性の「好きな本」をすぐに読みましょう。

もし、「好きな本」がなくて「好きな映画」だったら、その映画のDVDを借りてきて、すぐに観ましょう。音楽についても同じです。すぐに聴いてください。

 本を読んだ、あるいは映画を観た、あるいは音楽を聴いたら、その感想を考え、そして書いてみてください。

 感想は、その作品を「褒めること」「ポジティブであること」が大前提です。

もしあなたにとって、あまり楽しめなかったり、退屈だったり、嫌いなジャンルのものだったとしても、その中で「良さ」を発見して、そのことを感想で語ること。

 ただ「面白かった」とか「よかった」という「ひと言コメント」は絶対ダメです。それだとほぼ無意味です。かといってあまりに長すぎると相手に引かれるので、適度な分量、最初は200字ぐらいでしょうか。ここは泣けたとか、笑ったとか、自分の感情が動いた部分については必ず伝えること。

 その際、ネットなどでその本や映画、音楽の批評や感想などを参考にするのもアリです。

いろんな人の批評や感想を読むことで、自分が気づかなかったところに気づけたりして、自分の感想により厚みを加えることができます。

 当然ですが、素晴らしい批評や感想を見つけたとしても、それを丸パクリするようなことはしないように。すぐバレますし、バレたらカッコ悪いどころではなく、軽蔑されます。

 

その「感想文」、本に関するものなら一週間ほど、映画なら3~4日、音楽なら1~2日ほどかかるかもしれません。

 自分なりの「感想文」が書けたら、挨拶を兼ね、気になる相手に送ります。

 

相手への文面は、例えばこんな感じ。

「〇月〇日の飲み会でご一緒させていただいた〇〇です。先日はとても楽しい飲み会ありがとうございました。実は、あの飲み会の時に〇〇さん(相手女性)がいいと言っていた本がとても気になり、帰りの電車ですぐ電子書籍を購入し、読み始めました。酔いが一瞬で冷めてしまうくらいにとても面白かったせいで、引き込まれてしまい、あやうく乗り過ごすところでした(笑)」

そして作品の、より具体的な内容について触れて感想を終わらせる。

 

合コンという、大人数でワイワイ楽しく騒いでいる場での何気ない会話の中で出た、本や映画のタイトルを覚えていて、しかもそれを読んだり観たりして、その感想があなたのもとに届く。

 女性は、合コンの席でのさりげない会話のやり取りの中で、そのことを覚えていてくれたことに対して、悪い気はしないはずですし、何より、それをすぐに読んでくれたことに驚き、多少なりとも嬉しさを感じるのではないでしょうか。

 そして、ここで気をつけて欲しいのは、そうした感想LINE&メールの流れで「よかったら今度ゴハンでも・・・」「お茶でも・・・」と、お誘いをしないこと。

 デートに誘うのではなく、他におススメの本あるいは映画があったら教えて欲しい、と相手女性に伝えてください。

 もしあなたが、相手女性にとってほどんど印象に残っていないとしたら、その感想LINE&メールだけでは、デートに誘う武器としては「弱い」んです。

 

デートに誘うのではなく、まずは、相手女性と「人としての信頼関係」を築く努力をしてください。

果てしなく遠い道のりだと思われるかもしれませんが、まさに「急がば回れ」です。

 特に、相手女性がかわいいコや美人な場合、いろんな男性からしょっちゅう誘われているはずです。だからこそ、デートに誘われることに慣れていますし、そのあしらい方もよく知っている。男なんてしょせん、私を「女として」「性の対象として」しか見ていないだろうと諦観している女性も少なくありません。

 

だからこそ、その女性の「人としての部分」や「人間性」に触れるアプローチをして欲しいのです。

 あなたの「見ため」ではなく「中身」が素敵です、というメッセージ。

 ベタに思われるかもしれませんが、こうしたベタで愚直なことってベタだからこそ、効くんです。誕生日にブーケ(花束)を贈る、なんてベタの境地ですが、女性にはとても喜ばれます。

 

やりもしないのに「ベタだな」と言わず、とにかくやってみること。

 

あれこれ考え、なんだかんだ理屈をこねて何もしないより、失敗しそうでも、とりあえずやってみる。この姿勢、大事です。

 やってみてわかること、絶対あります。そして、それをやってみて得た経験は次に活きるんです。

 

相手女性は、男性からの「かわいいね」「美人だね」は言われ慣れていたり、言われ飽きているかもしれない。

 だからこそ、「感性がいい」とか「その優しい気持ち、柔らかい気持ちがいいよね」と言われると外見ではなく、中身を見てくれているんだと、あなたに好意を抱くかもしれない。

 もちろんそれは、男性としての好意ではないかもしれません。

 しかし、相手女性の心の中に、小さくても、あなたの居場所を作れたことが、とてつもなく大きな価値になります。

 

「友達じゃ意味がない」あなたはそう思うかもしれません。

でも、それは違います。

 

友達が恋人になれない、なんて誰が決めたんですか?

そんなものは、さまざまな媒体等による勝手な決めつけです。

 男と女なんて、ふとしたきっかけで恋人になり得るものです。

 そんなケースを私自身、何度も見てきました。

 

焦らず、じっくり、本や映画の話をきっかけとして、LINEやメールで相手女性のことを知り、そして、あなた自身を少しずつ知ってもらうこと。

 機が熟すまでは絶対に誘わない。そんな風に、むしろ、相手からお誘いが来るまで待つくらいの覚悟でいたほうが、あなた自身に余裕ができていいかもしれません。

 「いつ誘おうか」「そろそろ誘ってもいいんじゃないか?」そんなソワソワした気持ちは、すぐバレますし、そんな気持ちを下心と勘違いされて拒絶されてしまえば、すべては終わりです。

 

そして、いよいよ「収穫」。

 女性との強い信頼関係を築き、いつしかデートするようになり、ついには恋人に、という結末を期待したあなた。

もちろん、そうなれば理想的ですし、とてもおめでたいことではありますが、物事そんなにうまくいくものではありませんし、私が考える「収穫」は、実はそこではありません。

 

本当の「収穫」、それはあなたの中で生まれ、育った「果実」を収穫すること、なのです。

 

結果的に、相手女性と恋人になれず、友達としてもいつしか関係が途切れてしまったとしても、それを悲観しないでください。

 

あなたは、合コンでの出会いをきっかけに、自分なら選ぶことのなかった本を読んだり、映画を観たことで、あなた自身の知識を拡げ、深められたのです。

そして、「新しい世界」をそこに見たのです。

 

その経験と知識は、必ず次に活きるはず。いや、活かすべきなのです。

 そもそも、本を読んだり、映画を観ることで、本や映画の主人公を通して、その世界を生き、経験することになる。

 それは、尊くかけがえのないもの。

あなた自身の人生を豊かにしてくれるはずです。

本や映画の主人公の気持ちを追体験することは、自分以外の人の気持ちに触れることであり、あなた自身の「心のひだ」を増やします。

 

人と会うことだけが、出会いではないんです。

人を通して、本や映画と出会うことも素敵な出会いです。

 

そうした出会いを楽しめる人、面白がれる人は、もうそれだけで魅力に溢れています。それって、好奇心旺盛ということですから。

 

合コンで、なかなか女性を誘えないという人、女性に連絡してもなかなか返信をもらえない人、たくさんいると思います。

 

ノーキャラで「返信をもらえず、女性との関係を築けない自分」、あなたはいつまで続けるのですか?

 

女性のおススメの本、おススメの映画、おススメの音楽、どんどん浴びましょう。ふと気づいた時、あなたは本や映画に詳しい、知性溢れるオトナの男になっているはずです。

 

知性を感じさせるオトナの男、そのキャラ、きっとなかなかモテますよ。