合コンわらしべ長者 ~30歳からのオトナ合コン~

どこにでもいる普通の男が、合コン1000回で得たものとは?

合コンに連れていくメンバーを選ぶときに思うこと

合コンの開催が決まり、自分が幹事になった場合、みなさんは合コンに連れていくメンバーをどのように選びますか?

選ぶほど友人知人がいないから、いつも同じメンバーで、という人は多いかもしれません。

 

相手側から「今度、合コンしようよ」と声がかかった場合でも、こちらから「合コンしませんか?」とお願いする場合でも、必ず「どんな男性を連れていけばいいか」を相手側に確認して下さい。

 

自分の友人知人に、相手が希望する男性が見当たらない時は「とりあえず数(人数)さえ合わせておけば大丈夫だろう」「出たとこ勝負!」などと軽く考えず、まずは「自分の周りにはいないかもしれない」と正直に言うことが大事です。

 

該当する人がいないのに、合コンしたいがために嘘をついたり適当にごまかせば、印象も良くないですし、そんな男性が連れてくる人だから信用できない、と思われる可能性も高くなります。

自分の適当な対応によって、自分だけでなく、友人知人に多大な迷惑をかけることを自覚してください。

でも、こういうことって意外に多いんです。

 

私の場合はこんなことがありました。

とある合コンで知り合って以降、何度も合コンをお願いされていた年上女性なのですが、合コンオファー時は、20代で女優の誰々に似てるA子、とか、30代前半でセクシー系のB子を連れていくからね!と言っておきながら、前日あるいは当日になって必ず「ゴメン、A子が来れなくなっちゃった」「B子、風邪でダウンしちゃって」といって、結局集まる女性はほぼ毎回アラフォー女性。

 

私自身は彼女を探しているわけでもないので、楽しく飲めれば女性の年齢や容姿にこだわることはないのですが、「女優の誰々に似ている20代のA子さん、30代前半のセクシー系B子さん」が来る前提で、その年代に合わせて20代30代の友人知人男性に声をかけているので、A子さんやB子さんが来ないばかりか、40代女性ばかりとなるとちょっと困ってしまいます。

 

もちろん、合コンにアクシデントはつきものですが、年上女性の彼女は毎回そのパターンだったんです。

「合コンの目玉となる女性」がドタキャンになる合コンをかれこれ10回以上やりました。というより、合コンの目玉となる女性(20代で女優の誰々に似てるA子、30代前半でセクシー系のB子)はいないんです。架空の人物なんです。

彼女は、男性が喜びそうな女性が来ると嘘をついてまで合コンをしたかったのです。

 

じゃ、ダマされてることがわかっていて10回以上も合コンしたの!?と思われるかもしれませんが、そうではなく、逆に私がその状況に興味を持ってしまったんです。

 

いつまでそんな、コントのような茶番を続けるのか、と。

そして、「ものは考えよう」です。

そこまでして私たちとの合コンを望んでくれるなら、とことん女性たちを楽しませようじゃないか!と闘志に火がつきました。

もちろん、連れていく友人知人には「相手は40代女性です」と言って声をかけて。

 

毎回、女性メンバーが直前に変更になることに対して「話と違うじゃん!」と女性幹事にキレたり、合コン自体をキャンセルすることも出来ましたが、その状況を楽しむことで見えるものもあるはずです。

それに、女性メンバーが変更になったとしても、それは別の女性との出会いになっただけ。

 

出会いにはそれぞれ何かしらの意味がある、と考えたら、そこで何に「気づき」、何を学べるのか?

それは自分次第です。

そう思ったら、無駄な出会いなんてないですし、どんなことからも「学び」を得られます。

 

といったように、私の場合はその状況をある意味で楽しんでいたわけですが、これはかなり少数派かもしれませんね。

 

基本的には、合コンに連れていくメンバーについて、くれぐれも話を盛ったり、嘘をつかないこと。

イケメンと言っておいて、そうではない男性を連れて行けば、相手はガッカリします。逆に、見た目普通、と言っていたのに、なかなかのイケメンが来たら、期待していない相手側のテンションは上がります。

上方修正は「嬉しい悲鳴」ですが、下方修正は絶対NGと心得て下さい。

 

では、自分の友人知人メンバーでは相手から合コン開催のOKがもらえない場合はどうすればいいか?

最後の一手があります。

 

相手側への答えを一旦持ち帰り、連れていく予定の男性メンバーの周りに該当者がいないかを訊く。つまり、自分の友達の友達から該当者を探すのです。

そうすると一人ぐらいは見つかるものです。

 

合コンをする時に自分の友人知人しか合コンに呼ばない人は多いのですが、たくさんの友人知人がいる人ばかりではありません。

「友達の友達」は「友達」と思って、一声かけてみましょう。

合コンは異性だけとの出会いの場、とは限りません。

同性との出会いの場にもなり得るのです。

 

合コン相手の希望通りというわけにはいかないにしても、あまりに希望から離れすぎていると、出会ったその場で「合コン終了」になりかねません。自分たちから見て「いい男」ではなく、相手側の女性にとっての「いい男」を連れていくようにしましょう。

 

最後に・・・

合コンメンバーを自分の友達の友達から探す、についてですが、実際のところ「自分の友人知人は紹介したくない」という人も少なからずいます。考え方や事情は人それぞれですが、「自分の友達を取られたくない」とか「自分の人脈は自分だけのもの」という人です。

なんだかとても残念な人だな、と思ってしまいます。

 

私はそのつど機会を作って、男女関係なく自分の友人知人をどんどん引き合わせます。明らかに合わない(相性等々)だろうな、という人同士を引き合わせることはありませんが、双方が望めばどんどん引き合わせます。

 

だって、そうして出会った者同士が仲良くなるって、なんか嬉しくないですか?

知らない者同士が私をきっかけに知り合って関係を深めていく。

ちょっと大げさに言うなら、二人の歴史の中に私の名前が刻まれるんです。

 

私のことなどさっさと忘れて、気がつけば二人とも私の周りからいなくなってしまうこともありますが、それはそれで私とは縁がなかっただけです。

 

人生は「出会い」と「別れ」の繰り返しです。自分の人脈を出し惜しみせず、出会うことにも別れることにも臆病にならないこと、それが人生を豊かにするのではないでしょうか。