合コンわらしべ長者 ~30歳からのオトナ合コン~

どこにでもいる普通の男が、合コン1000回で得たものとは?

「合コン慣れ」「女性慣れ」、その先にあるもの

仕事でもプライベートでも、何かを始めるとき、よく耳にするのが

 「習うより慣れろ」

 本や人から学ぶよりも、実際に自分でやってみることで、その練習や経験を重ねたほうが覚えが早く、そして上達も早い、という意味のことわざです。

 

合コンにおいても「慣れ」は合コン成功のカギを握る大きな武器の一つ、のはずなのですが、実際のところ、「合コン慣れ」「女性慣れ」を自負している男性の多くは、女性ウケがあまりよくありません。

 

「慣れ」という武器を持ちながら、なぜそんなことになるのか?

 

合コン慣れ、女性慣れしていることを自負している男性の中には「こうすればうまくいく。こういう会話をすれば盛り上がる」といった、自分の合コン経験から導き出した「合コンマニュアル」を持っている人が多く、そのマニュアルを妄信しがちです。

その結果、目の前で起きている合コンの状況や、相手女性の気持ちが見えていないので、的外れなことをしたり言ったりして、女性たちを引かせてしまったり、怒らせてしまい、場の空気を壊してしまうんです。

そんな男性は、明らかに合コンが盛り上がらなかった場合、合コン後に必ずこう言います。

 

「今日の合コン、ハズレだったな」

 

自分で合コンを台無しにしておいて、反省ゼロ。というより、そもそも自分が悪いとは思っていません。

「慣れ」という武器を活かせないどころか、皮肉にも「慣れ」がネックになってしまっていることにも気づけない。

合コン慣れ、女性慣れしていると自負する男性の多くが見せる、自身の経験と知識を過信した「自分は合コン巧者」「恋愛にも精通している」とばかりのドヤ顔は見ていて滑稽であり、哀れです。

 

「慣れ」というのは、多少の馴染みがあるということにすぎず、合コンや女性についてのすべてをマスターしているというわけではないんです。

なのに、ちょっとかじっただけで、自分はすべて「わかってる」みたいに思っている男性は多い。

 

たしかに、慣れによって得た経験則は、貴重で価値あるものかもしれません。しかし、必ずしも、その知識が万能ではないということを認識しておくことも必要です。

 

「慣れ」を過信すれば、それは「慢心」となり、やがては「驕り」に繋がります。


よく、男女の性質の違いとして、男性は「競争」、女性は「協調」の中で生きていると言われますが、そうしたことも少なからず、多くの男性が「慣れ」をこじらせる原因の一つになっているのかもしれません。

他の男には負けたくない、他の男よりも優位に立ちたい、そして誰よりもモテたい、という思いが強ければ強いほど、自分を大きく見せようとする。

知らないことや慣れていないことがあることは恥ずかしいこと、と勘違いし、どんなことも知ったかぶる。

仕事なら「1を聞いて10を知る」は効果的ですが、合コンや女性について同じことをしようとするとたいていは失敗します。

 

合コンも女性も、一寸先は闇。
多少は合コンや女性に慣れてる、その程度の男性の予測など、ほとんど当てになりません。

だからこそ、合コンでは常にその場の状況を見て、そして相手女性の態度や言動を観察しながら「10を聞いて1を知る」ぐらいの気持ちで臨むべきなのです。

 

無知の知、という言葉があります。

知識を得れば得るほど、知識の幅広さや奥深さを知り、自分がいかに何もわかっていないかを自覚する。

 

今日という日が二度とないように、「今日の合コン」は二度とありません。
もちろん、全く同じメンバーで再度合コンを開催することはできます。

しかし、全く同じ合コンにはならないんです。

その日のみんなの体調だったり、気分ひとつで、合コンは楽しくなることもあれば、つまらなくなることもある。

その日、仕事で大きなミスをしたメンバーは気分が落ちてるかもしれない、あるいは同僚とケンカしてイライラしているかもしれない。

そういう空気を察して、気持ちに寄り添える男性もいれば、その気持ちを逆なでしてしまう男性もいる。


勘違い、思い違いをしている男性も多いのですが、合コンはルーティンや惰性でできるものではありません。

 

相手が違えば、場の雰囲気も反応も違います。
ほどよい緊張感をもって、目の前の合コンの雰囲気を感じつつ、目の前の女性たちとの会話を積み重ねていく。

そうして「みんなで楽しめる合コン」を重ね、一人でも多くの女性から「楽しかった」と言ってもらえるようになれば、間違いなく合コンの回数は増え、必然的にあなたの合コンスキルも磨かれるでしょう。

 

そしてもし、合コンそして女性に「多少」慣れてきたかもしれない・・・そう感じたら、その次にするべきことは?

 

この記事の最初のくだりを思い出してください。

「習うより慣れろ」という言葉がありましたよね?

慣れてきたのなら、次は「習うこと」です。

どんなことも、そのことに慣れてきて、さらなる高みを目指したいのなら、その道のベテラン、プロに学ぶのが一番です。

 

合コンの場合は、そこで出会う女性たちが、まさに「生きた教材」です。

目の前の相手から学びを得ようとする姿勢、それは図らずも謙虚でひたむきな態度となり、相手への敬意と尊敬に繋がるはず。

そして、その紳士的な態度が、女性たちへの印象をよりよく「いい感じ」に仕上げてくれるでしょう。


今や時代は「3高(高身長、高学歴、高収入)」ではなく「4低(低姿勢、低依存、低リスク、低燃費)」。

 

年を重ねれば重ねるほど、威張ることに「慣れ」ていく、紳士のカケラも感じられないオジサンにはならないよう、みなさんくれぐれもご注意ください。

 

「慣れ」るべきは「威張る」ことではなく、すべてに「謙虚であること」です。

 

「実るほどこうべを垂れる稲穂かな」

謙虚なオトナ、それはきっとあなたが想像している以上にモテます。

合コンの二次会、デキるオトナは「負けて勝つ」

楽しい時間は、それほど長くは続かない。
その日の合コンがとてもうまくいき、一次会が「魔法にかけられたかのような素敵な時間」であればあるほど、それは尊く儚いもの。

 既筆記事『合コンには「つくべき嘘」と「ついてもいい嘘」があるんです』では、その後の展開に期待を持たせるべく、合コンは一次会で解散するのがおススメであることをお伝えしました。

 ただ、一次会で盛り上がれば、その流れと勢いで二次会へ行きたい!と思ってしまうもの。では、リスクを負ってでも二次会に行く覚悟がある、そんなあなたに問題です。

 二次会に行くとするなら、どこに行けばいいか?
次のうちから選んでください。

1 一次会と同じく、飲みながら話せるお店。
2 カラオケ
3 ダーツ

 まず、1番の「一次会と同じく、飲みながら話せるお店」ですが、お店が変わっただけだと、みんなですること(主にトークですよね)に大差はなく、よほどのトークセンス、あるいは間違いなく盛り上がる「飲み会用のゲーム」がなければ、一次会から引き続き盛り上げ続けるのは至難の業です。

逆にいえば、卓越したトークセンスや、確実に盛り上がる飲み会用のゲームが用意できれば、1番もアリでしょう。

 2番が正解でしょ?と思った方も多くおられるのではないでしょうか?カラオケは二次会の定番であり、実際に行く人は多いです。

私わらしべも合コンの二次会はたいていカラオケでした、20代の頃は。大音量で音楽が流れ、その中で誰かが歌う。歌っていない人は、手拍子や合いの手やハモったりして盛り上げる。お酒が入っていることもあり、カラオケは「なんとなく盛り上がってる感」が出やすいです。

ただ、カラオケが苦手な人や、酔い具合によって、その場の雰囲気に馴染めない人もいます。そもそも、カラオケではゆっくり落ち着いて話せるわけではないので、騒ぎたい人や、ひたすら歌を唄いたい人以外には、それほど楽しめる場ではないのかもしれません。

 そして、3番のダーツ。
私わらしべなら、これを選択します。

改めて言いますが、楽しい時間は、それほど長くは続きません。
一次会が「魔法にかけられたかのような素敵な時間」であればあるほど、それは尊く儚いもの。魔法が解けてしまうのは時間の問題です。

 

では、その魔法を解けなくするにはどうしたらいいか?
簡単です。
解けたら、また別の魔法をかければいいんです。

 

二次会では、マンネリを打破するための「刺激というスパイス」をふりかけて魔法をかけます。

一次会が、みんなで和気あいあいと会話を楽しむ、いわば「良好な協力関係」の構築だとしたら、二次会ではダーツというゲームの中で「良好な敵対関係」を作るのです。

 

合コンがうまくいくために必要とされるものは、連帯感や共感といった「協調」ですが、二次会では、そこに「対立」を持ち込むのです。

 

ゲームには勝者と敗者がいます。勝てば嬉しいし、負ければ悔しい。
そして、ゲーム性が高ければ高いほど、ついつい「クセになってしまう」もの。

一次会の「協調」とは真逆の「対立」という要素を使って雰囲気を変え、そして刺激的な場を演出するわけです。

 

ただし、ここで注意して欲しいことがあります。

みなさんの多くは、ダーツというと小さな矢(ダーツ)を的に当てて、合計得点を競うゲーム(カウントアップといいます)、と認識しているのではないでしょうか?
もちろん、それも正解ですが、実はダーツには他にもたくさんのゲームがあります。

合コンの二次会でプレイするなら「カウントアップ」ではなく「ゼロワン」というゲームをプレイしてください。

理由はとてもシンプル。
「カウントアップ」は序盤で勝敗が決まってしまう場合が多々あるからです。

点数を加算していくだけなので、かたや高得点のエリアに何度かダーツが刺さり、かたや数点程度のエリアに何度かダーツが刺さったら、その時点でかなり大きな点差が生まれてしまいます。

ゲームが始まって間もないのに、そこで勝ち負けが決まってしまったら面白くないですよね。もちろん、終盤にかけて高得点獲得が続けば逆転も可能ですが、素人同士のゲームではそんなことはほとんどありません。

つまりは、途中でゲームとしての楽しみが一気になくなりかねない、ということです。

 では、「ゼロワン」というゲームはどうか?

ゼロワンというのは301、501、701、901など、最初に特定の数字が設定されており(自由に設定できます)、設定されたその数字を減らして、最後にぴったりゼロにするゲームです。

最後までにゼロにするか、あるいは規定ラウンド終了後に最少点の人が勝利するゲームなので、途中で誰かがぴったりゼロにしない限り、最後まで誰が勝つかわかりません。

よくあることなのですが、最初は順調に点数を減らし、例えば残りあと3点になったのに、3(あるいは1のトリプルゾーン)に全然入らなくて最終的に負けてしまったり、逆に、最初は全然得点を減らせなかったのに、地道に得点を減らしていって、最終的にはゼロにして勝ったり。ゲームとしての面白さが最後まで失われにくいのが「ゼロワン」なのです。

 

おススメは、その「ゼロワン」ゲームを男女ペアでのチーム対戦にすること。

1つのダーツ台で4人あるいは4チームがプレイできます。

そして、1ゲーム毎に男女のペアをチェンジすることで、いろんな人と組んでゲームを楽しめます。さっきは味方だったけど、今は敵。敵と味方がコロコロ入れ替わることも、ゲームの面白さを引き立てる重要な要素です。

よほど上手な人がいない限り、最終ラウンドまで勝敗がわからないので、毎回最後のほうまでワクワクドキドキしながらゲームを楽しめます。

同じチーム同士でいろいろ話したり、ダーツが刺さった場所を見て一喜一憂したりしつつも、勝負なので、勝ち負けによって喜んだりガッカリしたりとさまざまです。

 人間には喜怒哀楽があります。

合コンの一次会では喜怒哀楽の「喜」と「楽」がベースになるとすれば、二次会のダーツでは喜と楽はもちろんありますが、そこへ「怒」や「哀」という感情も入ってきます。

上下左右に振られ、時にはひっくり返る、まるでジェットコースターのごとくみんなの感情がコロコロと変わっていくさまは、見ていて楽しいものですし、時には自身がその波にのまれそうになることもあるでしょう。

 

さて、オトナ合コンでは、ここからが大事なところ。

一次会で盛り上がり、二次会でも盛り上がっています。
それは大変喜ばしいことですが、ここで、ただただ楽しんでいるだけではいけません。

 

ゲームは人間の本性が出やすいものです。
勝てば嬉しいし、負ければ悔しい。

 

勝ったとき、そして負けたとき、女性の反応を観察しましょう。
それだけでも、女性たちのことでわかることはたくさんあります。

例えば負けたとき、極端な負けず嫌いだと、すぐに次のゲームをしたがったり、周りのことも考えず不機嫌になったりします。

勝った場合でも、負けた相手を小バカにしたり、挑発したりする女性もいます。

 女性たちの人間性の一端がわかるはずです。

そして、それはそのまま男性側にも同じことが言えます。

ゲームの結果で不機嫌になったり、空気を読まず、なりふり構わず勝ちにこだわる男性がいたり。

 

合コンでの二次会は、ゲームの勝ち方、そして負け方にこだわってください。

 

「かっこいい勝ち方」と「かっこ悪い勝ち方」
そして「かっこいい負け方」と「かっこ悪い負け方」があります。

 

その場の空気を読んで、勝てるゲームをわざと落として(負けて)場を盛り上げることも時には必要です。

 

あなたが目指すのは「ゲームの勝ち」ではなく、「合コンでの勝ち」ですよね?

もし、あなたのチームの勝ちが続いていたとしたら、他のチーム、つまり他の女性は面白くないかもしれない。そんな時は、わざとゲームに負けて、他のチームに勝ちを譲ることで、他のチームの女性の気分を盛り上げましょう。

 

そんなオトナな対応にキュンとする女性、必ずいます。
そして、そんなところに気づける女性は、間違いなく素敵な女性です。

 

「負けて勝つ」その醍醐味を、もうひとつ。

もし、気になる女性とチームになったときは「このゲーム、負けたらお詫びに今度ゴハンご馳走するよ」と宣言し、楽しくそして上手に負けましょう。

相手チームは勝ったことで嬉しいですし、相手の女性も気持ちよく帰れます。

あなたとペアになった女性は、負けたのでちょっとヘコんでいるかもしれませんが、別れ際、女性に最後のひとこと。

 

「負けたらゴハン奢る、って約束、本当だからね」

最後に念押しすることで、その後の「ゴハン、いつ行く?」という連絡がしやすくなります。

 

もちろん、そのLINEやメールに返信があるかどうかはあなた次第ですが、相手にLINEやメールを送る口実にはなりますよね。

 

「勝ったら奢って」でなく「負けたら奢らせて」

 

わざと負けて、それをデートの口実にするのはちょっとズルいかもしれませんが、そんなちょっとしたイタズラを楽しめる余裕を持つのがオトナの男のヤリクチなのです。

合コンには「つくべき嘘」と「ついてもいい嘘」があるんです

いつもとは違う服をその身に纏い、普段はつけないフレグランスを漂わせ、言葉遣いやその振る舞いも、すっかりよそゆき。素敵な出会いを期待して、男性女性それぞれが、それぞれの思いを胸に合コンに臨みます。

 

たくさんの合コンに参加して、つくづく感じること。

それは、合コンは「化かし合い」そして「騙し合い」だということ。

 

でも、そんなことはみんなわかっているんです。

みんな、「相手からよく見られたい」「よく思われたい」と思うがゆえに、多少なりとも「嘘」をついている。

 

私わらしべは、合コンの様子を見ながら、時々「シンデレラ」の物語を思い出します。

 「継母とその連れ子である姉たちに日々いじめられていたシンデレラ。ある時、お城で舞踏会が開かれ、姉たちは着飾って出ていくが、シンデレラにはドレスがない。舞踏会に行きたがっていたシンデレラは、魔法によって素敵なドレスを纏い、馬車に乗って舞踏会へ。そして、その舞踏会で、シンデレラは王子に見初められる。その喜びもつかの間、午前零時に魔法が解けてしまうことに焦ったシンデレラは階段に靴を落としてしまう。王子は、靴を手がかりにシンデレラを捜し出し、妃として迎えられる」というお話です。

 

時々、明らかな普段着で合コンに参加している女性、そして男性がいますが、なんて残念なことをしているんだろう、と思います。

 合コンにはドレスコードなんてありません。

しかし、実際のところ、いつもよりは「ちょっとイイ感じで」が暗黙の了解でしょう。

 

ただ、普段着で合コンに参加している人たちの言い分もわかるんです。

「私はありのままの自分で勝負!」とか「どうせすぐバレるんだから、取り繕ったってしょうがない」とか。

 

しかし、果たしてそうでしょうか?

大事な視点が抜け落ちている、と私は思います。

 

合コンというのは、いわば日常の中での「ハレ舞台」。

仕事ではありませんが、初対面の人もいるわけですから、それなりにきちんとした格好で会うのが「大人のマナー」なのではないでしょうか。

つまり、そういった場所へ普段着でやってくるというのは、一般的な常識をわきまえてないと判断されかねず、せっかく厚意で誘ってくれた幹事の方にも失礼です。

 

生まれながらの容姿については努力にも限界がありますが、身だしなみや振る舞いについては、どうにかできること。それは本人次第なんです。

 そのようなハレの場に、自分本位な思いだけで参加するということは、協調性や社会性も疑われかねません。

 

さらに、もう一つ。

 普段着のままで合コンに参加したとしたら、その後会う時も普段着である可能性が高く、さらに性格や人間性についても、合コンの時と同じでは、そう思われがちです。

 そこには意外性もギャップもありません。

つまり、「ギャップ萌え」なるものまで、最初から放棄しているようなもの。

 

ギャップはともかく、意外性というのはとても大事です。

 合コンで普段の姿をさらしてしまえば、それ以上その相手を知りたいとはなかなか思えません。

 「その飾らない姿がいいよね」とは、あまりならないのです。

 

シンデレラの話だってそうです。

 もし、シンデレラがいつものボロボロの服で舞踏会へ行っていたとしたら、果たして王子に見初められたでしょうか?

 「私は心がキレイだから、絶対に王子に見初められたはず」とシンデレラは思っていたのでしょうか?

 

私は、違うと思います。

 シンデレラも、舞踏会へ行くなら、きちんとした装いでないと失礼にあたるという考えがあったのではないかと思うのです。つまり、空気を読めていて、社会性もあり、なにより礼儀をきちんとわきまえていたのではないでしょうか?

 「このようなみすぼらしい服では舞踏会には行けない」といって家にいたシンデレラの姿が、なによりの証拠です。

 

ここで改めて、合コンにおける大事な「お約束」。

合コンは「化かし合い」そして「騙し合い」と言いましたが、それは「魔法」という言葉に置き換えてもいいでしょう。

 

合コンは「化かし合いの時間」ではなく「魔法の時間」。

 

シンデレラの物語になぞらえると、合コン会場となるお店は「宮殿」であり、宮殿の一室で行われる、合コンという名の「宴(うたげ)」に招かれたのは「選ばれし者たち」なのです。

 

「かわいい」とか「かっこいい」とか「お金持ち」とか、そんなことに関係なく、その宴にいるのは、運命に導かれし、選ばれた者たちなのです。

合コンという名の「魔法の時間」の中で、みんながそれぞれに、その宴を楽しまないのは「無粋」というもの。

 そして、その宴を盛り上げる重要なアイテムの一つが、お世辞という名の「嘘」。

 

「嘘も方便」という言葉があります。

意味を間違って使っている人も多々おられるかもしれませんが、実際は相手のことや相手のためを思ってつく嘘のことをいいます。決して、自分の欲望や利益のために使う言葉ではありません。

 いろんな嘘があります。

楽しい嘘、嬉しい嘘、面白い嘘、愉快な嘘などなど。

 

その「魔法の時間」で、男女みんなが楽しめるための「嘘」をどんどんついてください。

「お世辞」という名の嘘で、相手を褒めて褒めて褒めちぎる。

お世辞だとしても、褒められて気分を悪くする人はいないでしょう。

相手を悦ばせ、そして自分も愉しめるのがオトナであり、オトナ合コンです。

 

ただし、魔法はいつか解けるもの。

そして、それは突然やってきます。

 

合コン、一次会はだいたい2時間ほどですが、もし、すごく盛り上がったとしても、二次会へ行くのはあまりおススメしません。

 盛り上がってるのに??と言われそうですが、だからこそ、解散することを勧めます。

 

楽しい時間は、それほど長くは続きません。

「魔法にかけられたかのような素敵な時間」であればあるほど、それは尊く儚いものです。

 

みなさんも経験があるのではないでしょうか?

 最初は凄く楽しかったけど、だんだん話すこともなくなってきて、会話が途切れがちになり、最後はつまらなくなってしまった、みたいなことが。

 あと、凄く美味しいものを食べていたのに、どんどん食べ続けたら、見るのもイヤになった。とか。

 

楽しい時間も、美味しいものも、「あと少し」という気持ちがある時に止められるからこそ、楽しいまま、美味しいままの余韻が残って、「もっと一緒に時間を過ごしたい」「もっと食べたい」になるのです。

 

魔法が解けそうになったら、名残を惜しみつつ解散。

そうすることで、次へのそれぞれのステップを進めやすくできるのです。

 

合コン解散後、「魔法の時間」は終わりますが、そこでもし、あなたの前にガラスの靴があったなら、するべきことはわかってますよね?

今度は、あなたがその女性の本当の姿を知るときであり、あなた自身をもっともっと知ってもらうときです。

 

その先にあるのは「魔法」ではなく「現実」。

嘘ではない、本当の姿です。

 お互いが、まだ慣れないうちは、それぞれが、相手に「素敵な魔法」をかけようと頑張るかもしれません。しかし、その魔法もいつかは解けるでしょう。

 

でも、そのありのままの姿を素敵だと思い、愛おしく思える相手と出会えたとしたら、魔法なんてもう、必要ありませんよね。

 あなたの言葉、あなたのしぐさ、そして彼女の笑顔や、彼女の声、そのすべてが魔法なんかよりもっと強く、それぞれの心に響き、そして心を震わせるはずです。

 そこに初めて「真実がある」と私は思います。

 

2019年最後の今日、午前零時まで、あともう残りわずかです。

 

まだ、いい人に出会えていないあなた。

 女性の方は、くれぐれも「ガラスの靴」を忘れて年を越さないよう。

男性の方は、「ガラスの靴」を見落としていないか、きちんと確認してから、新しい年をお迎えください。

 

みなさま、よいお年を。